母の日と同時に父の日も祝いたい

母の日って、子供さんたちがかなり意識しているイベントであって、何をプレゼントすればいいかいろいろ考えたりしているのではないでしょうか。

しかし一方では父の日があるわけですが、なかなか父の日にプレゼントとはならいな不公平さがあります。

もちろん、お母さんとお父さんにこんなに大きな違いがあるはずはありませんよね。

母の日と同時に父の日も感謝したいけど

父の日は、6月の第3日曜日です。

しかし、これ自体も、あまり良く知らないでスルーという人たちがいます。しかし、父の日だって、最近はじまったイベントではなく、遡れば、1909年にも至ることになります。

ワシントン州に住むソノラ・スマート・ドッドという女性が、幼いころお母さんを亡くしてしまったということです。

そして、その後は戦争から戻って来たお父さんがたった一人の力で兄弟6人をちゃんと大人になるまで育ててくれたということです。

父の日は、彼女のお父さんに感謝する気持ちが由来と言われています。

なんで、父の日が、6月なのかといえば、お父さんの誕生日月である6月に礼拝をしたことが発端とされています。

1909年6月19日に礼拝を行って、その日が第三日曜日だったということですが、実際に正式に父の日が祝日として認められるのは、1972年のことだったのです。 その間に年月はかなり経過して、実際には公の父の日のイベントという認識の仕方では、歴史は浅いと言ってもいいかもしれません。

1972年まで年月がかかってしまったことも、お母さんではなくお父さんだったからということなのでしょうか。

母の日の認知度

母の日は、1914年のアメリカ議会では、5月の第2日曜を「母の日」と決められることになります。

ここには、お父さんとお母さんの大きな差があると言っていいでしょう。

更に、差といえば、母の日と父の日の与えている経済効果についてもです。

それは、母の日のプレゼントと父の日のプレゼントに対してのモチベーションに雲泥の差が存在しているからです。

もちろん、母の日、みなさんの向きあい方は正しいでしょう。お母さんを感謝して、プレゼントを贈って祝っていただきたいのですが、父の日に対して、モチベーションが小さいのはなぜなのでしょうか。

そこにあまり理由が見あたらないのです。

お母さんが感謝されるのなら、お父さんだって感謝されるべき家族であることは間違いないはずですが。

母の日が終わったら、次は、父の日について考え、是非今年はプレゼントの準備をしてあげましょう。

母の日と同時に父の日も祝いたい 母の日って、子供さんたちがかなり意識しているイベントであって、何をプレゼントすればいいかいろいろ考えたりしているのではないでしょうか。

しかし一方では父の日があるわけですが、なかなか父の日にプレゼントとはならいな不公平さがあります。

もちろん、お母さんとお父さんにこんなに大きな違いがあるはずはありませんよね。