着物の柄

着物のことをもっと好きになっていただきたいので、柄についてもお話ししましょう。着物の有名な伝統柄など知っていればもっと楽しく着物を着ることができます。

桜文(さくらもん)

ここでは特に有名な着物柄についてお話しします。まず桜文(さくらもん)ですが、桜文は春咲くお花ですが、季節は関係なく楽しむことができます。 さらに桜の‘さ’は稲のことを意味し、‘くら’は神が宿る座のことを意味します。

桜文(さくらもん)は、あでやかな彩りだけでなく、豊作を祝い、お花見の宴を開催しているようなイメージです。

松竹梅(しょうちくばい)

松竹梅(しょうちくばい)の着物の柄も既にみなさんにとって知名度の高いものです。松竹梅(しょうちくばい)は、どのような境地に立たされたとしても、節操を貫く例えとされています。

松竹梅(しょうちくばい)の、松は厳しい寒さのなかでも緑を絶やさない意味を持ちます。竹は寒い環境でもまっすぐ青々育っていきます。梅は、冬の寒さを超えて一番最初に咲いてくれるお花です。

松竹梅(しょうちくばい)は、三寒三友であり、中国古来からとても知名度があります。

鶴(つる)

そして注目度の高い着物柄として忘れてならないのは、鶴(つる)です。鶴(つる)は、まさに、延命長寿の象徴と言っていいでしょう。

とても品格のある柄であり、婚礼衣装にも多く使用されます。

花車(はなぐるま)

次に、抑えておかなければならない着物柄は、花車(はなぐるま)です。
まさに、花車(はなぐるま)の着物柄が、絢爛豪華さを演出してくれることでしょう。花車(はなぐるま)は、平安時代に、貴族が乗っていた牛車に、美しい花々がのせられてそれが模様化されています。

花車(はなぐるま)は、四季花々のお花が盛りだくさんなので、季節を気にしないで着ることができます。

吉祥文様

着物にふれあう時が多いほど、吉祥文様という言葉もよく聞くことがあるのではないでしょうか。吉祥文様とは、人々が幸せになって欲しいという願いを込めて、工芸品や着物の模様に託したものです。

吉祥文様の吉祥とは、よい前兆があるという意味合いです。 松竹梅や花車、鶴というのも、吉祥文様であり、さらに、龍や鳳凰、雲取文様、牡丹の柄などなどいろいろな柄があります。

いかがでしょうか。もっと柄についてもお話しをしなければならないことがありますが、ここまででもより着物に対しての奥深さを知ることが出来たのではないでしょうか。