着物の小物紹介

着物には、それに必要とされる小物もあります。小物としてどのようなものがあるのかお話しをしましょう。

振袖に必要な小物

振袖を女性の方々に楽しく着ていただくために、何が必要なのでしょうか。着物や、帯が必要なのはわかるでしょうけど、それ以外にもいろいろなものが必要です。

普段、私達は、下着や靴下を着用している訳ですが、着物の場合はどうすればいいのでしょうか。

着物は当然用意しなければならないですが、ここでは敢えて省略しました。着物の他に絶対に必要なのが、帯です。

振袖という場合には、袋帯や丸帯がふさわしいアイテムです。

袋帯は、表側のみに模様がついており裏側は無地の帯のことであり、 丸帯は、女性の帯の中で一番豪華な帯です。

結び方は文庫結びや立て矢結びなどですが、他にも様々な結び方があります。

足袋と肌襦袢、着物スリップ

普段私達が着用する下着の役割を持つものとして、着物の場合、足袋と肌襦袢、着物スリップがあります。親指と他の指の2つに分かれているのが足袋の特徴です。

肌襦袢や着物スリップは、女性たちのキャミソールのようなものです。

長襦袢や衿芯

長襦袢や衿芯は、肌着と着物のあいだに着るものを言います。衿芯は、 長襦袢の衿の部分に通して、衿の形をキレイに整えて行きます。

それ以外の小物

下着以外にも着物を着るとき必要な小物がありますので、それを見てみましょう。

着物がはだけてしまわないように固定するために腰ひもが必要になって来ます。長襦袢用と着物用のものが必要となり、さらに仮紐用のものもあらかじめ用意しておきましょう。
長襦袢や着物の下帯として伊達締めは、長襦袢や着物の襟を綺麗に整え、その整えた状態をキープする為に使用、一般的に長襦袢に一枚着物に一枚使用します。

コーリンベルトは、長襦袢、着物の衿や折り上げたおはしょり(女性たちの和服で、めいめいの着丈(きたけ)に合わせあまった部分を腰の上で揚げ折って、腰紐(こしひも)で結んでとめること)を押さえて(固定)着崩れしにくくしたり、着付け自体を楽にしてくれる道具です。

実際は「コーリン株式会社の着物ベルト」がコーリンベルトにあたり、商標登録されたものです。

さらに、背中側に付けて帯の形を整えるために、 帯枕を小物として使用します。

振袖は、やや厚みのある帯枕を使用するといいでしょう。

それぞれ前と後帯のあいだに前板や後板をはさむと、腰回りをキレイに見せることができます。

装飾小物

さらに、振袖を着るときなど、帯の中心部を結んで引き締める帯締めなど使います。 華やかな飾りがあるものがあり、ぐっと華やかさをアピールすることができます。

豪華な振袖を引き立てて、見映えを良くするために、 帯揚げも大事なアイテムでしょう。
伊達衿は、使用することで、 何枚も重ねているように見えます。

あと、魅力的な振袖に必要な小物は、バッグやショール、草履や髪飾りなどです。