振袖の柄

いま、振袖を着たい人たちは、どのような柄を求めているのでしょうか。振袖を着たい人たちは、他の女性よりも、目立ちたいとも思っているのではないでしょうか。晴れの舞台、そのようなモチベーションでも全然OKでしょう。

黒い振袖を着たい

振袖にはいろいろな柄があって、大人っぽさを演出したいというのなら、黒色の柄物もおすすめです。 黒い振袖がどんな感じなのかは、黒い洋服をイメージすればだいたいのことはわかるのではないでしょうか。

やっぱり、黒色柄の振袖には、大人っぽいイメージがあります。 そして、黒い振袖だからこそ、色柄をより引き立てることができます。

黒色は、柄をはっきりさせることができて、一層華やかな感じがするでしょう。

黒色の振袖は、どんな色合いとも相性がいいです。和風な雰囲気も見せたいなら赤、 可愛く見せたいならピンクもいいですし、青というのもとてもオシャレです。

より目立ちたいというのなら、黄色もいいでしょう。黒色の振袖だからこそ、コーディネートも大事です。

古典の振袖が着たい

いま、古典の振袖にも多くの注目が集まっています。振袖の柄の系統は、古典の振袖、新古典、モダンに分類することができます。そのなかでも、古典の振袖に注目が集まり、 桜や菊、牡丹などの花や、蝶、扇や手毬などの優雅な文様をモチーフにした、伝統的な柄の振袖を若い人たちが積極的に着たがっています。

そこにあるのは、オーソドックスな魅力です。いつの時代でも、流行に流されることなく、上品さを保つことができます。

桜のようなオーソドックスな古典の振袖が女性たちに人気です。 春のシーズン咲くサクラは、まさに、新しい予感を感じさせてくれるアイテムです。晴れの日にふさわしい柄のひとつと言っていいでしょう。

日本人女性なら、菊の振袖も一度は着てみたいと考えるのではないでしょうか。菊は健康、長寿、子孫繁栄、高貴さなどを象徴する柄です。まさに、永遠を象徴するシンボルでは。女性たちには、永遠に美しくあり続けたい願いがあります。

蝶の振袖を着ることができれば、こころも飛び跳ねたような陽気な気持ちになることができます。 蝶の柄には、不老不死、輪廻などの意味があります。

いかがでしょうか。振袖にも、牡丹、扇、手鞠などまだまだ魅力的な柄が一杯あります。振袖は、柄に迷うもの。それは避けることができないことなのかもしれないですよね。