きものの歴史

着物とは果たしてどのようなものを言うのでしょうか。着物の歴史について知れば、より着物に対して愛着を持つことができるでしょう。

着物とは

着物と検索をすれば、和服と出てきます。着物は、イコール和の服と言っていいでしょう。

日本人の方々は、むかしから和服を着ていたのです。ただし、江戸時代に、和服という言葉があった訳ではありません。

和服とは、洋服と対峙する言葉であり、洋服が日本に入り、呼ばれるようになりました。
着物は、日本人がむかしから当たり前に着ていたものであり、日本文化のエキスがギッシリ詰まっているものです。その着物文化を私達がしっかり守る責任もあるのではないでしょうか。

私達が着物を着るということは、着物文化を守ることです。

着物の部位の名称

更に、着物について詳しい追求する気持ちをもって接するようにしてください。そのようなモチベーションによって、着物文化が守られることになります。

衿(えり)とは、首のまわりを囲み、前胸元で交差している細長い部分のことです。

きものの衿の先端の部分のことを衿先(えりさき)と言います。

衿ひとつに対してもいろいろ用語があり、衿の幅のことは、衿幅(えりはば)衿の汚れを防ぐ目的のため衿の上にさらに、掛け衿(かけえり)をつけたりします。

きものの衿先から褄先までのあいだのことを衿下(えりした)と言います。

次は、袖についてです。 袖幅(そではば)は、袖と身頃が接している袖付けから袖口先までの長さのことを言います。

腕を出すため開いた部分のことは、袖口(そでぐち)と言います。
袖の一番上の部分を、袖山(そでやま)といい、袖山から袖下まで長さのことを、袖丈(そでたけ)と言います。

肩山(かたやま)は、前身頃(みごろ)と後身頃の肩での境目部分のことを言います。

振り(ふり)とは、袖付けから袖下までの開いた場所のことを言います。

前身頃の裾の幅・寸法のことを、前幅(まえはば)と言います。

着るときに、前を合わせて上になる部分を、上前(うわまえ)と言います。下側は、下前(したまえ)です。

前身頃(まえみごろ)とは、前部の身頃のことを言います。

前身頃に縫いつける半幅の細長い布は、衽(おくみ)です。

身八つ口(みやつくち)とは、身頃の脇の開きのことです。

衿先の付け止まりでの衽の幅は、合褄幅(あいづまはば)と言います。

抱き幅(だきはば)は、身八つ口の下から衽付け縫い目まで横幅のことわ言います。

背縫い(せぬい)とは、後ろの中央の縫い合わせの部分です。

背縫いの一番上から、肩山を通り袖口までの寸法を、裄(ゆき)といいます。

肩に衿をつけるので、あらかじめ衿肩あき(えりかたあき)があります。

後身頃(うしろみごろ)は、身頃の肩山から後側あたりのことです。

繰り越し(くりこし)とは、着物の襟を抜いて着るため、襟肩明きを肩山から後ろ身頃の側へずらすことや、その寸法のことを言います。

脇縫い(わきぬい)とは、前身頃と後身頃を縫い合わせた縫い目部分です。

更に着物の基礎知識についてお話ししましょう。